検索順位を2週間で上げた、たった3つのこと


検索順位を短期間で上げるため実践したこと

このブログは、複合キーワードですが、以下の3つで上位表示しています。

・アフィリで確実に成果   1位

・いいねが劇的に増える   1位

・後発組でも成果      4位

これらのキーワードでは、以前運営していたブログでは複合でさえ、上位できないキーワードでした。

特にアフィリエイトというキーワードで上位表示を狙ったときは、3か月かかってやっと17位の表示でした。それが今回2週間で難しかったアフィリエイトというキーワードで上位表示することができました。

今回、たった2週間で上位表示するために注意したことを、話してみたいと思います。

1、検索上位のために注意したこと。明確な目標

このブログを開設するときに一番注意したことは、明確で具体的な目標設定です。

ブログ開設の目的、

SEOの上位表示を狙う

今回、このブログを開設するるときに重要視したことは明確な目標です。明確な目標の一番目が、上位表示です。上位表示のためにしなければならないことを、確実に実践すること。

そのために実践した内容。

メインキーワードを考えて、そのキーワードに関連する思いつく限りのキーワードを書き出していきました。キーワードは徹底的に出し尽くしていきます。もう出てこないというところからさらに、踏み込んで、とことん追求してみます。マインドマップを利用してみると、より多くのキーワードが発見することができます。

このブログの場合は、アフィリエイトブログがメインキーワードです。

 

キーワード選定のための指針

キーワードを選び出す基準は二通りの方法を同時に実践することにしました。ひとつは、上位表示させたいキーワード選定、もう一つは、上位表示しやすいキーワードです。

 

この二つの選定方法を詳しく説明していきます。

キーワードには、上位表示しやすいキーワードと上位表示が困難なキーワードがあります。上位表示が困難なキーワードの例として、SEOを例に話していきます。SEOというキーワードは、月刊検索数が、98,810件もあります。このSEOというキーワードで1位で表示されると、このキーワードだけで、月刊アクセス数が10万PV近くになります。そしていきなりパワーブロガーの仲間入りを果たすことになります。

ところが、このSEOというキーワードで上位表示することは非常に難しいです。というより不可能に近いでしょう。その理由はSEOをサービスにした多くの企業がこのキーワードでの上位表示を狙っているということ。つまり競合がかなり多くて手ごわいということですね。

次に上位表示しやすいキーワードとは、あまり知られていないこと、聞いたことのない言葉、3つ以上の複合キーワードなどです。

この2種類のキーワードを使って記事を書いていくことにしました。

 

2種類のキーワード、それぞれの狙い。

キーワードそれぞれの狙いは、当然といえば当然ですが、上位表示されやすいキーワードでは短期間で上位表示をすること。

そして、上位表示困難なキーワードは将来的にアクセスが期待できることです。

それぞれのキーワードでの上位表示までの期間設定。そしてその2種類のキーワードでの上位表示までにかかる期間を予測します。

その期間を予測するために以下のツールを使用します。

キーワードプランナー

SEO難易度チェックツール

 

キーワードプランナーの使用方法は

こちらを参考にしてください。

ここでは簡単にキーワードプランナーの使い方を説明しておきます。

上位表示しやすいキーワードは、月間検索数が多くて、競合が 低 出稿単価ができるだけ安いキーワードを選びます。例えば 月間検索数が、1200そして競合性は低、広告出稿単価が¥0から¥30くらい。

そして、SEO難易度ツールを使って、難易度をリサーチします。初心者なら難易度は10以下を狙った方がいいでしょう。

この2種類のキーワードを使い分けることによって、短い期間で上位表示することができて、将来的に多くのアクセスを見込むことができるようになります。

 

2、検索上位のために次に気を付けたことは検索者ニーズです。

このブログでキーワードと同様に気を付けたことは、検索者ニーズです。検索者ニーズはブログのアクセスを上げるために最重要課題に設定しました。

そのために、検索者がキーワードを入れて検索した目的を徹底的に予測しました。

キーワードでの検索の目的を予測するために実践したことは、実際にそのキーワードを使用して検索してみること。そして表示された上位3サイトは徹底的にリサーチをかける。リサーチ方法はブログを徹底的に読みつくす。ページランクを調べる。魅力のある点と、不足していると感じる点を書き出す。自分ならこう書くとい大まかなプランを立てる。

 

そのキーワードでヤフー知恵袋など質問サイトをリサーチする。悩みや解決方法、原因等を質問サイトからできるだけ多く拾い出す。

場合によっては雑誌や、書籍を参考にする。ここまで徹底すると、検索者ニーズを満たす記事は書けるはずです。そしてさらに、自分にしかない経験や、発想を加えてオリジナリティーを高めていきます。リサーチはやり過ぎかなと思うぐらいがちょうどいいと思います。

とにかくリサーチを徹底的に実践することを心掛けていきましょう。

 

3、検索上位のために気を付けたこと、読みやすさ。

最終的に気を付けたところは、記事の読みやすさです。シンプルで、どんなことが書いてあるのかが、一瞬で判断できるように記事をレイアウトする。

そのために実践したことは、見出しタグを効果的に利用すること。この記事の場合は、大見出しをすべてh2タグで作成して、小見出しを太文字にして、フォントサイズを1段上げました。

そして、色遣いはできるだけシンプルにするために、黒一色としました、変化や協調は太文字で表現しています。

3~5行ごとに改行をして空間を開ける。3行空間、3行空間という機械的な改行ではなく、あえて不規則に2行改行、5行改行 2行改行というゆらぎが出るように設定してみました。

 

このブログでの試みは現在継続中です。ここで公開した方法以外にも効果的なことはまだまだあるはずです。この効果的な方法をできるだけ多く発見できればと考えています。

 

そしてそんな方法が発見できれば、その方法を出し惜しみすることなくこのブログでこれからも公開していくつもりです。