やりがいのある仕事に出会う方法!


やりがいのある仕事

やりがいのある仕事とはどんな仕事でしょう?その答えは人によって様々でしょう。

ただ一つ言えることは、多くの人たちは一日の時間のほとんどが、その仕事に消費されているということです。一日の時間のほとんどが仕事をしていることになりますね。ということは、仕事に対する満足度は人生の満足度に直接つながってきます。人生のほとんどを仕事に使っているので当たり前ですよね。今更わざわざ言うことではないかもしれません。

別の言葉に置き換えると幸福感ですね?幸福の度合いは、この仕事が作用するところが大きいということになりませんか?やりがいのある仕事を見つけるだけで、幸せになれそうですね?やりがいのある仕事に就けるだけで、幸せになれるとは限りませんが、やりがいの仕事によって、幸せに近付くことはできるはずです。

このことを証明するように、「仕事に生きがいを感じている人が一番幸せなんです!」というフレーズを何かの本で読んだことがあります。しかし残念ながら、題名を忘れてしまいました。

やりがいのある仕事は人生感に直接関わってくると私は思っています。

ほとんどの人たちが仕事を辞めたがっている

仕事にやりがいを感じている人はどれくらいいるのでしょう?

幸せに直結している仕事にはやっぱり満足していたいと誰もが思います。ところが多くの人にこんな質問をすると、こんな答えが返ってきます。その答えは「仕事を辞める」です。

その答えを導き出す質問は、「あなたが、もし宝くじが当たったらどうしますか?」という内容です。圧倒的に多い答えがさっき言った、「仕事を辞める」です。テレビや雑誌でも、よくアンケートをやっていて目にすることがあります。この答えはつまり仕事にやりがいを感じていないということです。

多くの人たちは仕事を辞めたがっている、つまり「仕方なしに仕事をやっている!」ということになります。仕事と人生の幸福感は直結しているのに、仕方のない仕事をしているなんてすごく残念ですよね? やりがいのある仕事とは正反対です。

しかし、少ないかもしれませんが、仕事をとことん楽しんで、つまり、やりがいのある仕事を持っていて、人生=仕事=幸せみたいな人たちも現実にいます。私の周りにもいますし、実は私自身もそうです。鼻につくようなことを言って申し訳ありません。

もう一つ言わせてもらうと、私はいつも人に「幸せそうですね」と言われています。もうこの辺でやめておきます。

このふたつの違いはどこから来るのでしょうか?

 

やりがいのある仕事と仕方ない仕事

さっき話した、やりがいのある仕事を持っているほとんどの人たちは、自分自身で仕事を経営しています。つまり起業しているということです。これは、やりがいのある仕事をしている人と、仕方なしにやっている人たちとの大きな違いの一つではないでしょうか?

なんだ、こんな話か?と思わないでもう少し聞いてください。起業なんてそんなに簡単にできるわけがないと思っているかもしれません。資金だって数千万以上かかるだろうと考えているかもしれません。

でも、少ない資金で独立起業することは可能なんです。ネットビジネスはその少ない資金での起業の一つと言えます。私はこのネットビジネスに出会ったおかげで、自由とお金と幸せを手にしています。そしてそのような仲間をたくさん育成もしてきました。正に仕事にやりがいを感じています。

そしてその育成してきた仲間たちも、今では多くの人たちに幸せそうですねと声をかけられるようになっています。その人たちも仕事にやりがいを感じているということですね。

 

やりがいを感じるための、独立起業は難しくはない

しかし、ネットビジネスに対して、95%の人が成功できない!胡散臭い!詐欺が多い!才能のある人しか稼げない! ここに挙げたようなイメージを持っているかもしれませんが、決してそんなことはありません。

ネットビジネスに参入してきて、やりがいどころか、さんざんな目にあってやめていった人たちも知っています。その原因は実はその人たち自身の中にあるのです。その原因さえ克服できれば、ネットビジネスにやりがいを見出すことは必ずできます。

ネットビジネスで確実に成果に結びつく方法は少なからずあります。ネットビジネスでやりがいを感じることは必ずできます。ただ情報が溢れすぎていること、そして嘘の情報ほど魅力的に見えるようになっているために、(詐欺師のテクニック)本物の情報にたどり着くことができないだけです。

正しい方法で、ネットビジネスを実践していけば、確実に報酬を上げることができます。報酬が上っていけば、そこに必ずやりがいを見つけだすことができるようになるでしょう。

 

なぜコンビニは日本でこんなにも広まったのでしょうか?

突然コンビニの話ですみません。コンビニエンスストアは20年前は、まだ日本に数件しかありませんでした。それが一気に日本中へと広まっていって、多くの人が利用するようになりました。今の日本では、コンビニが街に数件あることは当たり前になっています。

このビジネスモデルは実は大成功しているうちの、一つなのです。当たり前すぎるコンビニなのでビジネスとしてコンビニを観察する人は少ないでしょうが、コンビニはすごい成功確率なんです。

 

なぜコンビニがすごい成功確率なのか?

なぜコンビニが、すごい成功率なのか?そもそも本当にすごい成功率なのか?これを証明するために、仮定の話をしてみましょう。

AさんとBさんが、店舗経営を同時期に始めたとします。Aさんは大手のコンビニエンスストアと契約をしました。Bさんは、ロイヤリティーを払うのがもったいないと感じたため、自分自身で、店舗を建てて経営することになりました。

そして5年後AさんとBさんは、どうなっているでしょうか?

その前に、自営業の5年以上存続できる確率を知っているでしょうか?なんとたったの5%です。95%が倒産してしまうんです。

Aさんはどうなったでしょう?おそらく引き続きコンビニ経営をしているでしょうね。ではBさんはどうでしょう?5%の中に運よく入れるとは思わないですよね。おそらく倒産していなかったとしても、相当な経営難に陥っているはずです。今倒産してもおかしくない状態です。

 

コンビニはすごい成功確率

多くの外食店舗、多くの中小企業の存続率が5%なのに、コンビニの存続率は以上に高い数値です。でも、つぶれた店舗も何件か見たことがあると思うかもしれません。しかしコンビニ全体からみると、わずか、数%程度です。コンビニの場合、存続率が一般とは数字が逆になっているのです。

倒産するコンビニが5%で、存続できるコンビニが95%もあるのです。これはすごい成功確率といえるのではないでしょうか?なぜ、コンビニの成功確率は異常ともいえるほど高いのでしょうか?

ここで誤解しないようにお願いします。私はコンビニの経営を進めているわけではありません。あるビジネスモデルの話をしようと思い、コンビニが一番イメージしやすいと思ってその話を使っています。この話は、仕事にやりがいを見つけるために必要なことなので、説明しています。

話を戻します、コンビニはなぜこんなにも高い成功確率なのか?それは、コンビニが売っているビジネスモデルに秘密が隠されています。

 

奇跡のビジネスモデル

コンビニエンスストアが取り入れているビジネスモデルは、フランチャイズという展開方法です。店舗運営に関するすべて、収益システム、集客システム、経営ノウハウ、資金活用等のすべての使用を譲渡するという形態です。

このシステムは、すでに高い効果を出すため、何度も仮説と検証を繰り返されていてます。(トライ&エラー)そのトライ&エラーから導き出されたデータから構築されています。簡単にいうと誰が運営しても高い効果が出る仕組みが形成されているのです。

この仕組みを構築するまでが、どんなビジネスでも時間と労力、費用がかかってきます。この部分がクリアできないために多くの人たちが、個人経営から脱落していくのです。やりがいを一瞬も感じることなく立ち去ってしまいます。

ところが、その一番大変な収益システムがすでに構築されていて、ただ運営すれば、収益が上がるんですから、成功するのは当たり前ですね。この経営システムを丸ごと販売するビジネスモデルのことをフランチャイズといいます。

コンビニの成功確率の高さは、このフランチャイズシステムを取り入れていることが大きな要因です。フランチャイズは誰が実践しても、同じ結果が出るようにシステムが完全に構築されています。もっとも代表的な世界で一番フランチャイズとして成功しているのは、あのマクドナルドです。マクドナルドは日本のどこで食べても同じ味、同じ値段同じサービスですね。

あの品質とサービスの維持、経営状態の維持は高い質のフランチャイズシステムによるものです。

フランチャイズシステムであれば、少ない資金で、経験者ではなくても、確実に成功できる環境を手に入れることができます。

ネットビジネスとフランチャイズの融合

ネットビジネスにもこのような、フランチャイズ形式のビジネスモデルがあれば、誰が参加してもある程度の結果が出せると思いませんか?ネットビジネスで一番困難なのは収益システムを構築することです。

ステップメールのアイデアを出して、中に入れる文章を一つ一つ作成します、ランディングページを作成して内容のライティング、一度稼働させてみて、クリック率や、誘導率を確認しながら、トライ&エラーを繰り返していきます。

ここまでで、早くて半年はかかります。そしてたった1%の成約率にするためにトライ&エラーを何度も何度も繰り返していかなければ、なりません。ここまでに1年でできればいい方です。多くの人たちは、ここにたどり着くまでにネットビジネスから離れていきます。

その大変なシステムがすでに構築されていて、そのシステムを稼働させるだけのネットビジネスがあれば参入者は、誰もがコンビニ経営のようにネットビジネスで収益を上げることができますね。

ネットビジネスでやりがいを実感するためには、結果を出すまでの期間もかなり重要になってきます。数か月で結果が出てくれば、必ずやりがいを感じるようになるはずです。

そんな夢のようなネットビジネスがあります。それは正にフランチャイズネットビジネスと呼べるシステムです。かなり短期間でやりがいを実感できるでしょう。